IT業界生き残り戦術

エンジニアが活躍し続けるために。

フリーランスとスキルアップ

企業で働いているエンジニアの場合には日本国内であれば終身雇用を行ってくれることが多いものの、海外企業に勤めていると実力重視で定年まで働けないこともあります。エンジニアとしての職能を発揮できるようにITの進展に追いついていき、常に最前線で働けることを求められるからです。
管理職になって最前線から退くという場合もありますが、それでもなお経営の面では常に前面に立って働かなければなりません。
いずれの場合でもスキルアップを行う必要性が高く、その方向性が異なるだけなのです。
独立してフリーランスとして活躍するエンジニアの場合には、スキルアップの必要性はさらに高まります。
仕事を獲得できなければ収入が得られないので、必要とされている業務を達成するのに十分なスキルを持っていることがフリーランスとして活躍できる前提になるからです。そのため、常にスキルアップをしながら働き続けないと仕事を失ってしまい、長く働き続けることはできないでしょう。
しかし、雇用されているわけではないので定年は実質的には存在していないのがフリーランスの特徴であり、需要のあるスキルを着実に身に付けていけば終身で働き続けられる可能性も秘めています。スキルアップに対して前向きに取り組み続けられるかがその可否を決めるでしょう。
どのような働き方を選んだとしても、エンジニアである限りはスキルアップを続けなければ事実上の定年は早く到来してしまうと肝に銘じておく必要があります。


#
Tags:
フリーランスとスキルアップ はコメントを受け付けていません。